メタボリックシンドローム と ダイエット に関する情報

     
最 新 記 事
カ テ ゴ リ ー
関 連 書 籍

        
〔 ダイエット方法 〕
美容に、そして、健康ボディに♪



〔 ダイエット方法 〕

現在、記事にしているダイエット方法は、次のとおりです。
今後、追加してまいります。

A) 低インシュリンダイエット  >> こちら から

B) アミノ酸ダイエット   >>>> こちら から

C) クエン酸ダイエット   >>>> こちら から

D) L−カルニチンダイエット  >> こちら から

E) カリウムダイエット   >>>> こちら から

F) クロムダイエット   >>>>> こちら から

G) イヌリンダイエット   >>>> こちら から

H) キトサンダイエット   >>>> こちら から

I) カプサイシンダイエット   >> こちら から

J) フーカスダイエット   >>>> こちら から

K) 香酢ダイエット   >>>>>> こちら から

L) もろみ酢ダイエット   >>>> こちら から

M) 玄米ダイエット   >>>>>> こちら から

N) 発芽玄米ダイエット   >>>> こちら から

O) ゴーヤー茶ダイエット   >>> こちら から

P) ビール酵母ダイエット   >>> こちら から

Q) ガラナダイエット   >>>>> こちら から

R) にがりダイエット   >>>>> こちら から

S) 低カロリーダイエット   >>> こちら から

T) 生食ダイエット   >>>>>> こちら から

U) 腸内洗浄ダイエット   >>>> こちら から

V) セルライト対策ダイエット  >> こちら から

W) 酸素ダイエット   >>>>>> こちら から

-------------------------------------------------------

これらの手法は、健康的なバランスの取れた生活習慣(食習慣、運動習慣、嗜好、ストレスなど)の中にあれば、特筆する必要のないものだと言えるでしょう。

とはいえ、現代の生活の中では、どうしても偏ったり、欠いてしまったりするものが出てきますので、まず、ご自分の生活習慣を顧て、その過不足を把握する必要があります。

そのうえで、補足すべき必要があれば、取り入れることになります。

ただ、ひとつの手法に依存し過ぎると、健康のためのダイエットが身体を壊す元になり、取り返しのつかないことになったりもします。

大切な自分の身体の機能を知り、間違った判断をしないように注意したいものです。

ダイエット方法 (巷に溢れる) | - | -
ダイエット方法 (生食ダイエット)
韓国で一般に広まった食事療法、生食(せんしく)。

さて、生食(ローフード)とは?

新鮮な穀物や野菜などを、火を加えず生のまま食べる食事のことです。
熱を加えないことで、ビタミン、ミネラル、酵素、食物繊維など、原料に含まれるものがそのまま残ります。

もともと韓国には、僧侶の食事、病人の回復食としてあったものが、健康やダイエットを気にする人に受け入れられ、広まったものです。

火食(煮たり焼いたりした食べ物)は、身体の新陳代謝に必要な栄養素、酵素を、熱を加えることで破壊してしまいます。
しかし、生食は、食材に含まれる豊富な栄養素を、そのまま取り入れるので、栄養の損失が少なくてすみます。

生食ダイエット・・・

体内に摂取したカロリーを全て燃焼するならば、肥満にはなりません。
これは、燃焼する栄養素と燃焼させる栄養素のバランスが取れているからです。

燃焼する栄養素 ・・・ 炭水化物、たんぱく質、脂質など
燃焼させる栄養素 ・・ ビタミン、ミネラル

欧米化された食生活では、脂質、たんぱく質が過剰供給されてしまいます。
そして、燃焼させるビタミン、ミネラルなどが不足しています。

そうすると、燃焼されない栄養素が多く、結果的には、中性脂肪として皮下に、内臓に蓄積してしまうのです。

この不足する燃焼させる栄養素を十分に摂取し、基礎代謝能力を上げることで、体内に余分な脂肪が蓄積されないようにする必要があります。
もちろん、燃焼する栄養素の過剰摂取は、控えることも必要です。

ところで、生食を乾燥させた食材で補給する場合は、食前、食後に水分を多めにとることが必要です。
これは、胃の中で、水分を吸って膨らむので、過食を防ぐことにもなります。

※ 専門家によっては、この生食の作用について、否定的な見解
  を持つ方もいるようです。
  ・・食物に含まれる酵素の大部分は消化される前に、胃酸に
   よって破壊されてしまうのが事実であり、野菜を生で食べ
   ることによって、新陳代謝が促進されるというのは疑わし
   いということです。 さて???

とはいえ、加齢やストレスによって、体内には必要な酵素が減少しますので、身体の代謝機能能力は低下してしまいます。

やはり、自然食を中心とした食事を摂り、脂肪、塩分を控えることには変わりないとも思えます。
 
ダイエット方法 (巷に溢れる) | comments(0) | trackbacks(0)
ダイエット方法 (カリウムダイエット)
ダイエット中イライラしがちな人、むくみが気になる人に。

カリウムは、現代人にとって不足しがちなミネラルのひとつです。
そして、現代人は、塩分の摂りすぎで、余分な水分を平均3kgぐらい溜め込んでいるのです。

身体に不足しがちなカリウムの摂取によって、身体のナトリウム量(塩分)のバランスを調節し、身体の余分な水分や塩分の排出することができます。

なぜ、カリウムの摂取が不足するのか?

カリウムは、自然食品の中に豊富に含まれていたのですが、加工食品が普及し、また、野菜自体からもカリウムが減ったこともあり、不足するようになってきました。
それに、ストレスによって減ってしまうことも不足する一因となっています。

カリウムの役割・・・

カリウムは、エネルギーの代謝、神経や筋肉の機能を正常に保つ、細胞内外のミネラルのバランスを維持するなど、ナトリウムとともに重要な働きをするミネラルです。

カリウムダイエット ・・・

ダイエットを意識する人は多く、特に女性の大半はダイエットを意識しています。
太いと悩む中に、下半身の むくみ (特に、脚が太い)があります。
この原因は、カリウムが不足することによって、相対的にナトリウムが過剰になるために起こるものです。
つまり、体内の水分代謝に関与するカリウムとナトリウムのバランスが崩れているのです。

簡単に言えば、結果的に、塩分の摂り過ぎで、むくみやすくなるとも言えるのです。

なぜ、カリウムは、肥満の解消にいいのか?

ストレスによってカリウムが減ると、インシュリンの分泌が抑えられます。
そうすると、満腹感を感じることができないので、食べ過ぎてしまう傾向があります。
さらに、身体の基礎代謝能力が低下するので、太りやすくなるのです。

不足するカリウムを摂取することで、期待できる作用は、
・ 細胞内のナトリウムを排泄する
・ 身体の水分バランスを整える
・ 利尿作用
・ 便秘(ダイエットの大敵)を改善する などがあります。
 
ダイエット方法 (巷に溢れる) | comments(1) | trackbacks(0)
ダイエット方法 (イヌリンダイエット)
このイヌリンダイエットは、低インシュリンダイエットのひとつです。

低インシュリンダイエットについては、こちらを参照♪

さて、イヌリン って何?

菊芋、ダリヤ、ごぼう、たんぽぽ、アザミなどの菊科の植物の根に含まれている食物繊維成分です。

このイヌリンは、肝臓への負担を軽減し、血糖値を下げ、インシュリンの分泌量を低下させてくれるので、ダイエット効果が期待できるのです。

つまり、糖質の吸収を遅らせる働きを持っていることから、食後の血糖値の上昇を抑えてくれるので、ダイエット効果があるのです。
なぜ、いいのかということは、本ブログのこちらのページ「低インシュリンダイエット」で確認して下さいね。

簡単にいうと、血糖値が上がれば、インシュリンが多量に分泌され、消費されずに残った糖質を中性脂肪に合成し蓄える、そうすると代謝が悪くなり、太りやすくなります。
だから、血糖値の上昇を緩やかにすることで、インシュリンの分泌を抑え、糖質の代謝を促し、太りづらい体質へとしようとするものです。

その太りづらい体質へとする効果があるひとつとして、イヌリンの作用がダイエット法として期待できるのです。

また、イヌリンは食物繊維ですので、便秘を防ぐことにもなります。
ダイエットを失敗する、痩せない、リバウンドするなどの人には、普段と同じ食生活でも、脂肪がつきにくくなるので、気にかけていただきたいダイエット方法といえます。

食事で食物繊維を摂るのが望ましいですが、イヌリンをサプリメントで補うこともひとつのダイエット方法です。
 
ダイエット方法 (巷に溢れる) | comments(0) | trackbacks(0)
ダイエット方法 (低インシュリンダイエット)
肥満になる原因が、インシュリンの分泌量にあるということで、低インシュリンダイエットが話題になっています。

ところで、インシュリン って?

すい臓から分泌される、血糖の上昇を防ぐホルモンの一種。

血糖値が上昇すると、インシュリンの働きによって、血糖を肝臓や筋肉にグリコーゲンとして蓄えますが、蓄えきれない分を合成して中性脂肪とします。
このインシュリンの働きによって、血糖の上昇を防ぐわけですが、血糖が下がれば、その中性脂肪を分解して、エネルギーとして放出するわけです。

正常な場合は、血糖値を一定に保つために、インシュリンの量が調整されます。
ところが、太ってくると、このインシュリンの分泌が多く(常に放出)なってくるのです。

では、ダイエットを考える肥満との関連は?

肝臓で合成された中性脂肪を分解する働きをしているのが、リパーゼという脂肪分解酵素です。
インシュリンの分泌量が多くなると、リパーゼが、合成された中性脂肪を分解する能力を超えてしまうことになり、脂肪(皮下脂肪、内臓脂肪)として蓄積することになります。
当然、この脂肪が過剰に蓄積されることで、肥満へと向かうことになるのです。

そこで、このインシュリンの分泌をコントロールする(インシュリンの効率を上げる)ことで、肥満を防ぐ、つまり、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてダイエットを行うというものです。
そうしないと、いくら食事制限をしてダイエットをしたとしてもやせることは難しいのです。

では、どのようにして、低インシュリンダイエットをするのか?

その前提は、インシュリンの分泌量を減らし、中性脂肪の合成を抑制し、さらに、中性脂肪の分解を促進させるのか、ということです。

その方法は、血糖値を上昇させにくい食べ物を選択して摂取するようにするということになります。

さて、低インシュリンダイエットの方法は、

○ 血糖値を上昇させにくい食べ物(GI値の低いもの)を摂る

  炭水化物は身体に欠かせない栄養素ですから、摂取しないと
  いう認識は間違いです。
  ただ、血糖値を上昇させにくいものを選択することです。

○ 炭水化物の消化を遅らせる食物繊維、酢、タンパク質を摂る

○ 加工、調理を加えない生野菜を摂る

○ 固めの食べ物の方が消化を遅らせるので、固めのものを摂る

後は、不足しがちな運動を併せて行い、脂肪を燃焼させることで、ダイエット効果も期待ができます。

 
ダイエット方法 (巷に溢れる) | comments(0) | trackbacks(0)
ダイエット方法 (クロムダイエット)
クロム・・肥満や血糖値が気になる人には、欠かせないミネラル
アメリカでは、ダイエットの定番ミネラルのクロムの摂取、別名「低インシュリンダイエット」と呼ばれるものです。

低インシュリンダイエット は こちらのページにも。

では、クロム って?

クロムが含まれる食品には、あさり、ホタテ、イワシなどの魚介類、海苔などの海産物、卵、玄米などに多く含まれています。
ところが、人の体内に存在する量は、必須ミネラルの中でも微量です。
しかし、クロムは、糖質や脂質などのエネルギーの代謝と深い関係があり、人の身体にはなくてはならない必須微量ミネラルなのです。

クロムの働きを利用したダイエット ・・・

クロムを摂取すると、インシュリンの働きが正常になり、インシュリンの効率をあげることから、血糖値を安定させ、脂肪とコレステロールの燃焼効果を向上させます。

インシュリンの効率が悪ければ、大量のインシュリンが必要となります。
インシュリンは、肝臓で中性脂肪を合成し、リパーゼによって分解されて、エネルギーとなります。
ただ、インシュリンの量が多すぎると、リパーゼの働きでは追いつきません。
そうすると、脂肪が蓄積され肥満へと向かってしまうのです。

そして、太っている人の場合、インシュリンの効率が悪く、常に、大量のインシュリンを放出しているので、中性脂肪を分解してエネルギーの放出ができません。
そうすると、いくら食事制限をしてダイエットをしようとも、やせることは難しくなります。

クロムの含有量は微量なので、調理の過程で失われる量もあるので、加工食品を食べることが多い人は、クロムが不足していることが考えられます。

また、クロムには、脂肪を燃焼させる効果が向上するだけではなく、筋肉を増強させる働きもあります。
これらの効果が、(特に、アメリカなどでは)ダイエットの定番ミネラルとして人気があるところなのです。


〔PR〕

● Mega Food GTFクロム
  米ぬかや酵母、海藻など100%食品の原料からできている
  イースト培養三価クロムです。
 
ダイエット方法 (巷に溢れる) | comments(0) | trackbacks(0)
ダイエット方法 (香酢ダイエット)
香酢には、アミノ酸やクエン酸が、脂肪燃焼効果や疲労回復効果があります。

因みに、本ブログでも取り上げていますので、参考までに。
・ クエン酸ダイエット >>>  こちらページです。 
・ アミノ酸ダイエット >>>  こちらページです。 

では、香酢 って?
もち米から作られるのですが、時間をかけて発酵させ、風味豊かで、まろやかな酸味を持っています。

香酢ダイエットとは、

香酢には、アミノ酸が多く含まれ、脂肪を燃焼し、皮下脂肪や内臓脂肪を減少させる働きを持つ身体にやさしいダイエット食品です。
また、疲労回復、老化防止など、健康効果があると言われていますし、免疫力を高める効果もあると言われています。

さらに、この香酢には、クエン酸も含まれており、脂肪燃焼、疲労回復の効果もあります。

また、他のダイエット方法と同じく、有酸素運動(短時間でもいいので、ウォーキング、ジョギング、水泳など)を併せて行うことで、よりダイエットの効果が出てきます。

中性脂肪(脂肪が蓄積する場所で、皮下脂肪、内臓脂肪と言われています)が気になる人、疲労やコレステロールが気になる人、また、無理なダイエットをしたくない人には、この香酢は、ダイエットにいい素材だといえます。


〔PR〕

● 熟成瓶仕込 香酢 お徳用 216粒
  香酢は、日本の一般的なお酢とは異なり、もち米を原料とし
  ています。黒酢の約10倍のアミノ酸を含んでいます。
 
ダイエット方法 (巷に溢れる) | comments(0) | trackbacks(0)
ダイエット方法 (もろみ酢ダイエット)
天然醸造酢(もろみ酢)で、2つのダイエット法を実践できる!?

もろみ酢には、もろみ酢を作る過程で生成される クエン酸 と アミノ酸 が豊富に含まれています。
これらは、ダイエットに効果がある成分です。
もちろん、ダイエットだけでなく、健康増進に役に立つ成分です。

因みに、本ブログでも取り上げていますので、参考までに。
・ クエン酸ダイエット >>>  こちらページです。 
・ アミノ酸ダイエット >>>  こちらページです。 

改めて、クエン酸 ・・・
クエン酸を摂取することで、エネルギーを作り出す代謝経路(クエン酸サイクル)が活発に働きます。
糖質、脂質、たんぱく質の代謝を促進して、新陳代謝を上げたり、蓄積された脂肪の分解、排出することからダイエットに役立ったりします。

つまり、クエン酸サイクルの働きが不充分だと、新陳代謝が阻害される、そうすると肥満の原因にもなったりします。
疲労物質の乳酸が蓄積されると、疲労感が表れたりします。

疲れづらい健康な身体のためには、クエン酸サイクルの働きが必要なのです。

次に、アミノ酸 ・・・
体内には、リパーゼという脂肪分解酵素があり、皮下脂肪や内臓脂肪を減少させる働きがあります。
アミノ酸は、このリパーゼの働きを活発にする働きがあります。

つまり、アミノ酸を取ることは、脂肪燃焼効果を上げることになるのです。

もろみ酢には、健康的なダイエットを行うときに必要な成分が含まれてはいますが、ダイエットを心がけるのであれば、併せて、有酸素運動をすることも必要です。
有酸素運動の効果ですが、脂肪燃焼が始まる時間は、以前から言われている時間(20分)よりも短時間で脂肪燃焼が始まります。


〔PR〕

● 琉球 黒麹 もろみ酢
  食欲のない時やスポーツ・ダイエット、日常の栄養補給に、
  ご家族みなさまに召し上がって頂きたい健康飲料酢です。
 
ダイエット方法 (巷に溢れる) | comments(0) | trackbacks(0)
ダイエット方法 (キトサンダイエット)
ダイエットの効果を上げたい、生活習慣病の予防をしたい、免疫力を上げたい、という方に。

そのような幅の広い効果がある健康食品がないか・・・
「キトサン」という動物性の食物繊維がお薦めです。

ところで、キトサン って何?

カニやエビなど甲殻類の殻に含まれている動物性の食物繊維キチン。これをアルカリ化したものがキトサン。キトサンには脂肪の分解・吸収を妨げる効果があり、そのダイエット効果も注目されている。(引用:「gooダイエット」より)

さて、キトサンダイエット とは、

簡単に言うと、「ムダな脂肪を包んで捨てる」と言えます。
食事のときに摂取された脂肪分に、キチンキトサンが吸着することで、そのまま吸収されずに排出するので、脂肪の吸収を妨げることから、ダイエットに効果があるということです。

また、このキトサンは、食物繊維なので、便秘の解消にも有効なのです。
つまり、ダイエットなどの敵とも言える状態を改善できるのです。


ただし、次の2点、注意が必要です!

○ キトサンには毒性はないのですが、カニやエビでアレルギー
  症状を起こす可能性のある人は、摂取することは控えた方が
  いいです。
○ キトサンを過剰に摂取することは、脂溶性ビタミンの吸収を
  阻害する可能性があり、脂溶性ビタミンの不足することにな
  り、身体に影響を与えることになります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※ ダイエットをする人は、急激なダイエット効果を期待するも
  のですが、いくらダイエット効果があるからといって、その
  方法だけに偏ったり、過剰摂取したりすると、身体に必要な
  栄養を欠くことになり、非常に危険です。

※ 巷では、たとえば、ダイエット効果が少しでもあると認めら
  れると、それをテーマに特集が組まれたりするので、もうこ
  れしかないと、鵜呑みにしてしまい実践することで、身体を
  壊してしまう事例があり、別の視点から、それらの方法が、
  危険をであると紹介もされています。

  極端にいうと、そのダイエット効果は「ウソ」であり、とん
  でもない話しだという人がいます。その真偽は定かではない
  にしても、極端に偏った方法に依存するのではなく、バラン
  スの取れた健康的な生活を心がけることが、多少は長期的で
  あっても、健康的にダイエットができるというものです。
 
ダイエット方法 (巷に溢れる) | comments(0) | trackbacks(0)
ダイエット方法 (カプサイシン ダイエット)
あまり運動をしない方でも、普段の生活の中で、体脂肪燃焼を効率よくできるものがあります。

それは、「カプサイシン」、唐辛子に含まれる辛味成分のことです。
この唐辛子には、殺菌作用とか身体を温める効果とかがあるとされてきました。

体脂肪を強力に燃焼するというカプサイシンのパワーとは?

唐辛子を食べると、辛味成分(カプサイシン)が体内に入り、小腸から吸収、血液で脳へ運び、副腎からのアドレナリンの分泌を促します。
そうすることによって、運動をしなくても、エネルギーの代謝を高め、皮下脂肪を燃焼し、血行をよくし、体温を上げ、汗が出てくるわけです。
これは、冷えやむくみにもよいわけです。

さて、このようなカプサイシンの作用効果を踏まえてですが、 ダイエットに効果があるというのは、カプサイシンには、食後すぐに脂肪を燃焼するという即効性があるため、運動による脂肪燃焼とは異なり、適度な量のカプサイシンを摂取することは、ダイエットに効果的だといえます。
もちろん、運動も並行して行うと、よりダイエット効果も期待できることになります。

ただ、健康的なダイエットとはいえ、唐辛子を大量に食べるよりは、サプリメントで摂るのもよいでしょう。


〔PR〕

● 激辛カプサイシン粒 240粒激辛カプサイシン粒 240粒
  カプサイシンやジンジャー末、シトラス、黒酢もろみ、ギム
  ネマ・シルベスタなどをブレンドし、粒状タイプに仕上げた
  栄養補助食品です。
 
ダイエット方法 (巷に溢れる) | comments(1) | trackbacks(0)