メタボリックシンドローム と ダイエット に関する情報

     
最 新 記 事
カ テ ゴ リ ー
関 連 書 籍

        
■ 簡単に調べる方法
内臓脂肪肥満を簡単に調べる方法(診断基準)として、
ウェスト径(ちょうど、へその周り)を測ることで知ることができます。

  日本人の男性では、 85cm以上
  同じく 女性では、 90cm以上

しかし、個人差があるので一概には言えない。
そこで、お尻の周囲(一番出っ張っているところ)を測ってください。
そして、次の計算をします。

※ 式 : 〔 へそ周り 〕 ÷ 〔 お尻周り 〕 = 〔 X 〕
この X の値が、

  男性では、 0.90 以上
  女性では、 0.85 以上

であれば、内臓脂肪肥満が疑われます。

また、次のようなひとも内臓脂肪型肥満の可能性があるとのこと

・ BMIが25以上の肥満のひとで、お腹は出ているのに、
  皮下脂肪をたっぷりとつかめないひと。
・ ダイエットに失敗してその後リバウンドしたひと。
・ 学生時代にスポーツをやっていてやめたひと。

さて、思い当たることはありますか。
ところで、あなたのウェストサイズはいかがでしたか?
念のため、計測するときの注意があります。

 ウェストと言われて、つい、腰の一番細いところを測ったりしないように。
 へその上のほうでも、下の方でもなく、へその周囲を測るのです。
 自然な状態で測ってください。
 立って、軽く息を吐き、へその周りを測るのです。

注意は、以上です^^;

はい、ここで、上に書いた数値を超えた方・・・
健康診断の結果の判定を思い出してください。
  血圧 、 中性脂肪 、 血糖値 
このうち、2つ以上に診断基準を超えるものがあると、
メタボリックシンドロームと診断される可能性が高いようです。

 
- | comments(0) | trackbacks(0)
     
Comments
     
Post a Comment
     










     
Trackback URL
http://metabolics.jugem.jp/trackback/4
Trackbacks