■ メタボリックシンドローム ( 生活習慣病 )

  • 2007.04.09 Monday
  • 22:19
生活習慣病とは、高血圧、高脂血症、糖尿病、高尿酸血症など、食習慣、運動習慣、喫煙、飲酒などの生活習慣が、その発症原因、病状の進行に関与すると考えられている疾患の総称をいう。

この生活習慣病という呼称は、1997年頃からですが、それまでは、「成人病」と呼ばれていました。

その成人病の概念は、加齢によって発病すると考えられたことによるものです。

それは、主に、脳卒中、がん、心臓病など、40歳前後から死亡率が高く、死因の中で上位を占め、40歳以上の働き盛りに多い疾病だったからです。

しかし、原因の大半が、その生活習慣にあり、間違った生活習慣によって高血圧、高脂血症が、どの年齢にも起こりうることが判明したため、生活習慣病と呼ばれるようになったのです。

しかし、成人病という呼称は、いまでも広く残っているようです。

「間違った生活習慣によって起こり得る生活習慣病(旧成人病)の予防は、子供の頃から気をつけなければならない」という生活習慣病の概念と、成人病の概念の違いが明らかなのに、旧来の呼称に拘っているのか、そのまま「成人病」の呼称で、組織、保険などに残っているようです。

これらの生活習慣病の2つ以上と肥満を複合する状態を、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)というわけです。

 
 

〔 追 記 〕

 40歳以上の男性、要注意!! です。

 たばこも酒も習慣の人を襲う 危険10倍 ・・ とは?

 当サイトの こちらのページ にて。

 
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2006/11/21 4:10 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2006/10/01 5:27 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2006/09/30 11:16 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

スポンサー リンク

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM