メタボリックシンドローム と ダイエット に関する情報

     
最 新 記 事
カ テ ゴ リ ー
関 連 書 籍

        
■ このまま放置しておくと
メタボリックシンドロームと診断されたならば、
自分や大事なひとのために、気にしなければならないことがあります。
 「 動脈硬化 」
大事に至らなくとも、後遺症が残ります。(大変)

いえいえ、その前に、代謝異常とされる数値が症状がでているならば、それを改善しないといけない。
大したことがないと、そのままにしていたりすると、他の症状も合さり危険域に入ってしまうわけです。

だから、食生活の改善、適度な運動をしましょう・・・
とは言うものの、慣れ親しんだ習慣や環境は簡単には直せない現実。
しかし、症状が重なればメタボリック症候群で、相乗的に動脈硬化を一段と進行させる原因となってしまう。

わかってはいるが、
参考とする判断基準には、病気の一歩手前の境界領域が含まれるので、相当数のメタボリック症候群の該当者がいるようです。

メタボリックシンドロームに該当するひとにとっては、それをどのように受け取るのか、また、どのような対処をしていけばいいのか。
わかっていても・・・そこに、いろいろな考え方はあると思いますが、その置かれた環境から、他力本願?にならざるを得ないと感じるひと向けにも、集めた情報を書いていきます。


 
- | comments(0) | trackbacks(0)
     
Comments
     
Post a Comment
     










     
Trackback URL
http://metabolics.jugem.jp/trackback/9
Trackbacks